体調・精神

低気圧の体調不良対策におすすめの食事

低気圧の体調不良対策におすすめの食事

低気圧になると体が重い、ダルい、頭痛がする、イライラや不安、体の関節が痛いなど数々の体調不良が生じます。

これは低気圧(気圧の変化)によって体がストレスを感じ、そのストレスに抵抗しようとして自律神経が乱れ、この不安定化が原因となって体調や精神面が悪化します。

それでは、この低気圧の体調不良の対策はあるのでしょうか。

一つは、低気圧は日頃のストレスや自律神経の乱れの蓄積が溢れ出すときの最後の一滴になっているので、日常生活における食生活や睡眠を見直し、散歩やランニング、ヨガ など簡単なものでいいので運動を心がけるようにしましょう。

低気圧の体調悪化は一つのサインです。遅すぎるということはないので、少しずつでも生活改善に取り組みましょう。

もう一つ、漢方の専門家がおすすめする対策が、以下の食事法です。

低気圧の前日など、しんどいな、というのが分かっているようなら、その日の食事はお鍋や湯豆腐など負担も少なく温まる食事を腹八分目にしましょう。

これだけでもずいぶんと軽減されます。

以上、低気圧対策におすすめの食事でした。