自然と心

夜の不安や空しい、寂しい理由とおすすめの解消法

夜の不安や空しい、寂しい理由と解消法

日中は平気だったのに、夜になると突然不安感や、寂しい、空しいといった感情に襲われることがあります。

最近の出来事で何か悲しいことがあり、理由がはっきりとわかることもあるかもしれませんが、逆に原因不明で夜寝る前に急に訪れる場合もあるでしょう。

なぜ、この不安感や寂しさ、空しさ、といった感情が夜におとずれることが多いかと言うと、大きな理由は、日中に頑張りすぎていることが挙げられます。

ひとは緊張している状態が続くと、ふっと気が緩んだときに突然冷静になって悲しくなったり不安になったりします。緊張の糸が切れる、あるいは燃え尽き症候群などとも言われ、五月病の原因も、その3月から4月の変化の時期に気を張って乗り越えようとして5月、6月に緩むことに由来します。

夜の感情の変化や弱音が溢れてしまうのも、同じようなことが言えるのです。

それでは、この夜の不安感、寂しい、空しいといった情緒不安定な状態に対するおすすめの解消法を紹介したいと思います。

寂しい、不安な夜の解消法①睡眠環境を整える

緊張状態をまずはちゃんと解きほぐしてあげる必要があるので、夜の不安感などが慢性的に続くようなら睡眠環境を整えましょう。

整える際に大事なのは、体のリラックスです。色々と灯りがついていると神経が緊張状態になります。LEDやスマホのブルーライトなども刺激が強いので、個人的におすすめしたいのは白熱電球対応の間接照明です。

夜は優しい灯りで過ごすようにすれば、眠りの質自体も高まります。

寂しい、不安な夜の解消法②読書をする

もしなにもできないという状態でなければ、読書がおすすめです。

ついスマホを手にとってしまうかもしれませんが、さきほども触れたように灯りの刺激が緊張を誘うので、小説や、心を楽にしてくれる簡単な絵本、童話などがよいでしょう。

逆に自分でおもっていることをノートに自由に書き出してみるのもよいかもしれません。言葉になることで感情もほぐれてきます。

寂しい、不安な夜の解消法③食事を軽めに

食事が不安感など情緒不安定を悪化させることがあります。もし慢性的な不安感や、発作的に寂しいとか空しいといった状態に頻繁に襲われるようなら、いったん食事を抜いてみましょう。

と言っても断食(ファスティング)をするとなると難しいでしょうから、しばらく夜は野菜スープだけにしましょう。

減らすことが大事なので、簡単な具材で、味付けも塩のみで結構です。

この食事法は疲れやすいときにもおすすめです。

寂しい、不安な夜の解消法④心を整えるハーブティー

夜のリラックスや心の平穏を整える方法としては、ハーブティーもおすすめです。

ハーブティーは体に優しい自然由来100%で、ぐっすり眠れたり、心がゆったりする効果があるとして海外では古くから民間療法として活用されています。

味覚や香り、効能も様々あるので、自分に合ったハーブティーを選んでみましょう。

まとめ

もちろんこうした解消法以外に、寂しさや空しさを埋めるための生きがいや恋人をさがす、というのも一つです。

しかし、まずは、自分の不安感や寂しい、空しいという感情を自分自身で少しでも和らげようとすることで恋愛の失敗も減っていくでしょう。