体調・精神

春の体調不良に効果的な食事

春の体調不良に効果的な食事

昔から「木の芽時は体調不良になる」と言われ、春は体調の悪化が目立つ時期です。

これには寒暖差による自律神経の乱れなども影響し、春は生理不順などホルモンバランスも崩れがち。

月経前症候群が悪化したり、アレルギーも敏感になるので、なるべくリラックスしてストレスの少ない生活を送るようにしましょう。

春は情緒不安定も招きやすいので、イライラしたり不安になったら、これは春のせいなんだ、と思って自分自身を許してあげましょう。

春の体調不良に効果的な対処法は、「運動」です。

特に情緒不安など精神状態に症状が強く現れるときは、自然がいっぱいの公園や川沿いなどを散歩したり軽いランニングをするようにしましょう。

その他、「食事」では、クコの実、ナツメ、黒ごま、黒砂糖、紫蘇、ネギ、春菊、大根などがおすすめです。

腹七分目くらいにして、大根とネギの味噌汁だけでも常に常備しておくといいかもしれません。

また、ハーブティーでおすすめなのは、不安を和らげてくれるカモミールやミントです。

春の体調不良は、自律神経が乱れやすく敏感になっているひとほど生じやすくなります。

長年の疲労やストレスのサインでもあるので、これをきっかけに体質改善を行うようにしましょう。