体調・精神

満月の夜はムラムラ?

満月の夜はムラムラ?

俳優の山田孝之さんが、ある番組で冗談交じりに「満月の夜は悶々として本来の自分ではない自分が出てくる」と語っていました。

どうやら山田さんは満月の夜になると、ムラムラするような性欲の高ぶりを自分のなかに感じるようです。

実は、スピッツの草野マサムネさんも、以前、ライブのMCで満月の夜に悶々とする、と言っています。

えー、だいぶ、いい季節になってきましたけれども、なんかこう、ワクワクしたりモンモンとしたりとかしてますか? こうね、春から夏にかけての夜にムズムズムズムズしてる時に、ふと空をみると、満月があったりしてですね、なんかこう、自分のアニマルな部分が残ってると思うと、非常に嬉しい今日この頃なんですけれども。

出典 : 若い頃の草野マサムネ(スピッツ)のライブMC

果たして満月の夜と性欲(ムラムラする)というのは関係するものなのでしょうか。

確かに、古くから満月の夜には狼になる、という狼男の伝説が存在します。

人狼(じんろう)werewolfといって人間が狼に変身する伝説は、古くギリシア・ローマの時代までさかのぼる。満月の光によって狼に変身し、おもに人の血や肉を求めてさまよい歩くが、夜明けとともに人間に戻る。

出典 :「狼男」日本大百科全書

また、lunaticという言葉は「狂気」を意味しますが、lunaticの語源は「luna」、すなわち「月」の光によって一時的に正気を失わせた状態を指します。

19世紀イギリスでは、lunaticであると認められた場合には、罪の重ささえも軽減されたそうです。

lunaticの意味満月の夜と狂気の関係性 ドビュッシー「月の光」 昔から、満月の夜と人間の精神の関係性、特に「狂気」との繋がりについては、様々なこ...

日本でも、ある地方では古い慣習に、満月の夜になると既婚者だけが集まって乱交を重ねるという不思議な行事があったそうです。

「言ってしまうとね、三の倍数の月な。三月、六月、九月、十二月。この月のね、満月の夜になるとさ、村はずれにあるお堂に集まるんだわな。そう、そこいらの男や女が。んでもって、月が見えなくなって、お天道様が昇る頃に終わる、と。そういう行事だね」

出典 : 奇習  東北に実在した伝統的乱交行事と“奇妙なルール”とは!?

満月が性欲にどれほどの影響を与えるか、といったことは測りようがありませんが、自律神経に影響を与え、精神や体調が不安定になる、ということは分かってきています。

なぜ? 満月の夜の体調不良の原因とは低気圧と気象病 低気圧の影響で古傷が痛んだり、体調が悪いということってありますよね。 こうした低気圧による体の痛みや体調不良とい...

偏頭痛やめまいだけでなく、イライラしたり、不安になったり、特に繊細で敏感なひとほど月の満ち欠けの影響を受けやすいので、もしかしたらその満月による精神的な不安定さが、性的な「ムラムラ」にも繋がっているのかもしれません。