台風、強風による頭痛やイライラの対処法

強風と頭痛

台風が近づいていることで強風が吹き荒れている地域も多いようです。

強風になると頻発するのが「頭痛」。

昨今では気象病という言葉も知られ、気象の変化が体調の悪化に繋がることは一般的なこととして浸透してきましたが、その要因の一つとして「強風」も挙げられます。

「雨の日は頭が痛くなる」「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」「梅雨時に古傷がしくしく痛む」。天気が原因で起きる体調不良は、医療現場では昔から「気象病」と呼ばれていました。

出典 : 「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴

風が強いとなぜ頭痛が生じるのでしょう?

その理由として「低気圧」が挙げられます。

強風が吹き荒れるということは、それだけ気圧の変化も激しくなるということ。

その変化が体へのストレスとなって、ストレスに対抗する形で自律神経のバランスも崩れてしまいます。

特に台風のような気象の激しい変化の場合、体には大きな負担となって頭痛の痛みもいっそう強く現れるようです。

台風は、気圧の変化が急激なうえ、移動のスピードが速いので、いちばん痛みがつらいという患者さんが多い。一方、梅雨は期間が長いので、体調不良を訴える人がじわじわと増える傾向にあります。

出典 : 「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴

台風が近づくと頭痛がひどいのは、こうした理由があるからなんですね。

また頭痛以外にも、強風によって吐き気や耳鳴り、関節痛など様々な症状が引き起こされます。

強風とイライラ

強風の日は、頭痛だけでなく精神状態にも影響を与え、理由もなくイライラすることも増えます。

その原因にも、やはり「気象病」があります。

気圧の変化が頭痛を引き起こし、頭痛はイライラと深い関連性を持っているので、頭痛とイライラは同時に生じてしまいます。

頭痛がすればイライラするし、イライラすれば頭痛がしてくる。

また、強風は気圧の変化だけでなく、もう少し直接的にイライラに影響を与えてきます。

強風は、たとえば向かい風や音といった神経に障る問題も一緒に起こすので、ただでさえ神経過敏になっているのに 余計に悪化させるのです。

強風による頭痛、イライラの対処法

こうした強風による体調不良の対処法として、まずは、自分は今、強風(低気圧)によって頭痛やイライラが起こっているのだ、と自覚するだけでもずいぶんと楽になります。

これは仕方がないことなのだ、低気圧のせいだ、と受け入れるようにする。

それから、頭や目を使うと症状の悪化を招くので、(仕事でやむをえない場合は仕事以外の時間帯だけでも)なるべくパソコンやスマホを使用するのは避けましょう。

考えなければいけないことは、強風が去ってからにすること。

半身浴や、ハーブティーなど、心や体がリラックスできることもおすすめです。

また、頭痛やイライラ、不眠などに効果的な「神門」というツボがあります。この神門を指先で刺激するようにしましょう。

 

出典元 : 健康アドバイス|救心

 

ぐいっと差し込むように押して、鋭い痛みが生じる部分がツボの位置です。

薬局でお灸も売っている(熱さは五段階に分かれる)ので、頭痛やイライラ、不眠などの際に、このツボにお灸をすえてみるのもおすすめです。